感染予防対策

当院では、お口に直接触れる器材は全て滅菌しております。ハンドピース類(エアータービン・コントラ等)・ドリル(ダイヤモンドバー)・歯石除去用チップ等は、
薬液による浸漬洗浄・消毒だけではなく下記のようにすべて滅菌したもののみを使用しております。

また、滅菌できない器材に関しては、ディスポーザブル(使い捨て)にしております。

滅菌処理しているもの

  • 診察基本セット(歯科用ミラー・歯周ポケット用探針・ピンセット・バキュームチップ)
  • タービン(歯を削る器械の口に入れる部分)
  • バー類
  • 手術器具(歯を削る機器の口に触れる部品、歯質を掻き出す器具等)

使い捨てにしているもの

  • エプロン・紙コップ
  • 注射針
  • 麻酔液
  • ゴム手袋

治療器具の滅菌システム・滅菌手順

診療室の清掃

使用の有無にかかわらず、器具セットは全て回収し、紙コップ・紙エプロン・使用済みガーゼなども回収します。回収後、診療ユニット、ライトなどをアルコールで拭き取ります。

廃棄
紙コップなどは一般廃棄物として廃棄します。血液の付着したガーゼ類は感染性一般廃棄物として、麻酔液カードリッジなどは感染性産業廃棄物として適切に廃棄します。

高圧蒸気滅菌する治療器具

用手洗浄

治療後、回収した器具を殺菌水流水下で汚れを洗浄します。洗浄は消毒または滅菌の効果を最大限に発揮するために最も重要な工程です。

薬液による浸漬洗浄・消毒

薬液(血液分解剤と防錆除菌クリーナー)に浸けて、付着した血液や細かな部分の汚れを分離させ消毒します。

洗浄・乾燥

再び、殺菌水流水下で洗浄し乾燥させます。

滅菌バッグ

滅菌バッグに洗浄滅菌バッグした器具を封入します。

高圧蒸気滅菌

オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)もしくは、ケミクレーブ(高圧アルコール滅菌器)に入れて、滅菌を行います。
オートクレーブは残留毒性がないため、滅菌条件に耐えられる医療器具であれば最も安全で確実な滅菌方法です。

滅菌庫で保管

滅菌した器具は、使用する直前まで、清潔な滅菌庫にて保管します。
以上の工程を経て、滅菌された器具が治療の際に使用されます。

ハンドピース類の滅菌

用手洗浄

治療後、回収した器具を殺菌水流水下で汚れを洗浄します。洗浄は消毒または滅菌の効果を最大限に発揮するために最も重要な工程です。

オイル洗浄
洗浄後、エアータービン・コントラアングル等にオイルを注油して洗浄します。オイル洗浄は器具のメンテナンスとしても重要になります。
  • タービンの回転数を保つ(歯の切削精度を保つ)
  • ハンドピースの発熱を防ぐ(口腔内組織にダメージを与えないために)
  • 振動や音、芯ブレを防ぐ(歯の切削精度を保つ)
高圧蒸気滅菌

オイル洗浄後、オートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)に入れて、滅菌を行います。

ドリル・バー類は超音波洗浄器で洗浄してからオートクレーブで滅菌します。

滅菌とは文字通り、増殖性を持つあらゆる微生物(主に細菌類)を完全に殺滅または除去する状態を指します。当院では治療毎に全てのハンドピース類を滅菌処理しておりますので安心して治療を受けていただけます。

滅菌庫で保管

滅菌した器具は、使用する直前まで、清潔な滅菌庫にて保管します。
以上の工程を経て、滅菌された器具が治療の際に使用されます。


滅菌器のご紹介

歯科用ハンドピースメインテナンス装置 ルブリナ
歯科用ハンドピース(患者様の歯を削る機械)を給油・洗浄します。
この装置は各種ハンドピースに幅広く対応し、高い注油・洗浄効果を発揮しています。
酸化エチレンガス滅菌器 YS-A-C44Ej
先端の滅菌テクノロジーをコンパクトに凝縮したEOG(酸化エチレンガス)滅菌器で、高性能フィルター、サーミスタ制御とダブルヒーターが搭載されています。
このEOG(酸化エチレンガス)滅菌器は、熱によって変形するプラスチック製品を滅菌するのに使用しています。
小型高圧蒸気滅菌器 ルナクレーブ
滅菌バッグ使用時やインスツルメント等を滅菌・乾燥する小型高圧蒸気滅菌器です。
空気を排出し、チャンバー内の飽和水蒸気に置き換える新機構「飽和水蒸気置換機構」により、信頼性の高い滅菌能力を実現しています。
小型高圧蒸気滅菌器 EX CLAVE Ⅱ
インスツルメントやタービンハンドピースを滅菌する、給水から完了まで全自動のモリタ製作所の高圧蒸気滅菌器です。
全自動なので人為的な操作が必要なく、各機構はマイコンがチェックしているためトラブルの心配が極めて少なく、またトラブルの発見と対処も迅速にできます。
給水→加熱→滅菌→自然冷却を約14分で滅菌処理ができ、急な滅菌を必要とする場合にも対応が可能です。